金融商品にもいろいろなタイプがあり目的に応じて使い分ける事